抱っこ ストレッチ 体

嫁の代わり抱っこ

 

 

既に子供はいたのだが、妻が第2子を妊娠してしばらくたった頃から上の子がだんだん焼きもちを焼きはじめ、妻が子供を出産してからは、すぐに上の子の焼きもちが限界で、赤ちゃん帰りが始まったのだが妻は産後すぐと言うこともあり、かなり体力が落ちていて、上の子を抱っこする代理で私が子供の要求(主に抱っこ)を受けて抱っこしていたら、あるときから不自然な小さい痛みが出るようになり、はじめは気に止めることもなくもせず「まぁそのうち治るだろう」位に思っていたら、だんだん痛みが増してきて、腰をまっすぐ伸ばすこともできない状態になり、病院へ。今考えると1日中抱っこするのに腕だけで抱っこしていたし、夜寝たあとにストレッチやマッサージをしておけばこれ程酷くならなかったと思う。そう考えれば日頃のメンテナンスは怠るべきではないとつくづく思う。それ以降マッサージとストレッチ、更に患部を暖めたりしているが、当初ほど痛みは出ていない。

 

腰痛を軽減したり改善したりするためには、マットレスの見直しが有効だと言われています。
モットンのマットレスについて、詳しくはこちらです→http://51gaidan.com/

ストレッチにマッサージ

 

 

私は男性なので産後ではないが、抱っこ疲れの腰痛について話します。

 

私が行ったのは、子供が寝たあと入念全身のストレッチをメインにやっておりましたが、特に腰をツ

 

イストすること、ゆっくりと腕の力を少し使い立った状態と座った状態で行い。入浴中も体をほぐすように手でマッサージしてました、後お医者様に聞いた話で腹筋を付けると腰痛が改善すると聞いたので、仰向けになった状態でペットボトルを使いお腹を叩いていくと言うことを行っていました、初めは拳でとんとん叩き、500ミリリットルに代わり、1リットル、そして最終的に2リットルを両手で叩くようになり(普通の腹筋は腰がいたくてできないから、腹筋へ直接的に刺激を与えてました。)後は気付いたとき、暇なときになるべく体を動かしていたこと、その成果もあってか、今ではほとんど痛みもなく生活することができています

 

その後1年ほどたちますが、現在でもまだ抱っこ攻撃は続いています。

こんな記事も読まれています